歌唱テクニック

本気で歌がうまくなる!発声練習は止めて“歌うまポーズ”を覚えよう

更新日:

本気で歌がうまくなりたい! 歌がうまくなる方法が知りたい。具体的なトレーニング方法が知りたい。そう思う人も多いのではないでしょうか。

 

最近では、ボーカルスクールへ通う以外にも

  • ボイトレに関する本やDVD
  • 歌がうまくなるアプリ
  • Youtubeなどの動画サイト
  • ブログ

などから歌がうまくなるための情報(トレーニング方法含む)が簡単に得られます

 

しかし、情報を元に練習しても歌がうまくなっている気がしない……。それは、言われた通りに練習しているだけで、根本的な体の使い方を知らないためだと筆者は考えます。

 

〇〇トレーニングをすると高音が出やすくなるらしいよ!

〇〇トレーニングをやっても高音が出るようになった気がしない……

 

このループ断ち切りましょう!

歌がうまい人の定義

歌がうまい人の定義とは何でしょうか?

素人が「うまい」と感じる歌がうまい人の定義

  1. 音程がとれている
  2. 高音が綺麗に出る
  3. 通る声をしている

歌を習っている人、カラオケ好きな人が感じている定義

上記に挙げた定義に加えて、

  1. メリハリ(強弱)がついている
  2. ビブラート・頭声や胸声ができている
  3. 喉があいている
  4. 割とジャンルレスで歌える

評論家レベルの人が感じる歌がうまい人の定義

上記に挙げた定義に加えて、

  1. 声質がいい
  2. 個性がある(カバーを歌ってもその人らしさが出ている)
  3. 人に聴かせることを意識し、それができている
  4. その人のことが気になるレベルまで魅せられる

ではないでしょうか。

歌がうまくなる方法

具体的に歌が上手くなるためにはどうすればいいのか確認していきましょう。

1.腹式呼吸

腹式呼吸のやり方は難しくない!誰でも簡単にできる方法」を参考に実践してみてください。まずは息を吐きましょう。肺の中が空っぽになったら、鼻から優しく息を吸ってください。この時、息を吸う量は腹八分目に留めるのがポイントです。

 

もし、腹式呼吸が上手くできない場合は、「歌の先生が教える「練習しても腹式呼吸ができない」理由」を確認してみましょう。

2.高い声が出やすい!? 歌う時の基本姿勢

高音が楽に出せるようになりたい場合、顔の使い方、上半身の使い方、口の開け方などを覚える必要があります。

ふかわポーズがおすすめ!

すぐに「声が出しやすい」という実感が欲しい方は、ふかわりょうさんの腰を手に添えて重心をずらすポーズをしてみましょう。

ポーズの作り方は、「歌の発声は丹田を意識することが大切!簡単に実践できる方法をご紹介」でご紹介しています。

響きを生み、声が出しやすくなる顔の使い方

歌における口の中を響かせるはどういうこと?口腔共鳴の具体的なやり方」で詳しくご紹介していますが、下記の手順で表情を作ってみてください。

 

  1. 飴玉を口でくわえたような顔をする
  2. エド・はるみさんの「コー」をマネして出してみる
  3. 舌の先を下の歯の裏につける

3.声量をつけたい時に使える“お腹痛い”のポーズ

声量を上げる方法|歌と話し方どちらにも使える体の使い方とは」で詳しくご紹介していますが、お腹が痛いときのポーズをとり、腰のS字ラインをまっすぐにして息が通りやすい状況を作りましょう。

 

声を出すときは1m先に飛ばすようなイメージで発声すれば、いつもより大きな声が出せます。

お腹に力は入れちゃダメ!

よく、大きな声を出すときに「お腹に力を入れて!」と言う方がいますが、お腹に力を入れてはいけません。

リラックス時のような力の抜けた状態で声を出すようにしましょう。

自分の声を知るよりも“実感”を優先しよう

ボイトレなどで、「歌がうまくなりたければ、まずは自分の声を知ろう」と言われるケースがあります。確かに自分の声を知ることはとても大切なことです。

 

しかし、自分は低音が出ないからもっと練習しなきゃ……となるよりも、「この歌い方を実践してみたら低音が出しやすくなった!」という実感を得ることを優先した方が上達は早いです。

自分の声が持つ特徴がより明確に見えるようになる

実際、歌いやすさを実感してもらった後に自分の声を知った方が「なぜできないのか?」が見えやすくなります。また、自分の持ち味(売り)とは何かも知ることができます

歌がうまくなりたい…正しい体の使い方から覚えよう

歌がうまくなりたい……そう思ったら、発声練習だけでなく正しい体の使い方も覚えましょう。

  1. 体の使い方を覚える
  2. 歌いやすさを実感する
  3. 正しい姿勢で発声練習をする
  4. “歌がうまくなる体の使い方”を自分の体が覚える
  5. 歌がうまい人になる

上記のようないいループが生まれるはずですから、ぜひ実践してみてくださいね。

 

【関連記事】

ボイトレをすれば音痴は本当に治る?改善できる・できない条件とは

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • この記事を書いた人

kasumi

歌の先生ともの書きで生きる人。バンドSee Emily Playのvo&ba。さまざまな方のレッスンをしてきた経験から人の声の特徴が目に見えるのが特技。 あなたらしい歌い方を大切にして欲しい。そんな思いでサイト運営しています。ぜひTwitterフォロー、Facebookのいいねをお願いします!

-歌唱テクニック

Copyright© EnnuiRockMusic , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

地域を選択

都道府県を選択

戻る