音楽活動の知識とコツ

音楽スタジオの利用方法|料金・予約から利用・おすすめ利用時間帯まで

更新日:

音楽スタジオの利用方法をご紹介

家では出せないような爆音で楽器の練習をしてみたい!
しかし、お金はどのくらいかかるのか、予約はどのようにするのか、など不安に感じる人も少なくないようです。

実は、音楽スタジオはカラオケ店などと同様に誰でも気軽に利用できます
何も気にせず、好きなように大きな音を出せるのは気持ちがいいものです。大きな姿見があるため、客観的にどう見えているのか確認することもできます。

利用方法をマスターして、音楽スタジオで活用しましょう。
今回は、音楽スタジオの利用方法についてご紹介します。

始めに。音楽スタジオの個人練習は恥ずかしくない!

個人練習で音楽スタジオを利用してみたいけれど、1人で行くのは勇気がいる…。
実は筆者もそう思っていました。

しかし、音楽スタジオは老若男女問わずさまざまな方が利用しています。
決して「あの人個人練習に来てる…」などと変に目立つようなことはありません。
人が多いと気になるという方は、比較的空いている時間帯を狙って利用するといいでしょう。

音楽スタジオの料金目安

スタジオノア恵比寿店
画像引用元:音楽スタジオノア恵比寿店

音楽スタジオを利用するには、どのくらいの金額がかかるのでしょうか。
以下に、目安の金額をまとめました。

基本的に、利用料金は、各音楽スタジオによって変わります。利用する音楽スタジオのホームページを確認しておくことをオススメします。

【前提知識】
・基本的に部屋が広くなればなるほど高くなります。
・平日や土日祝によっても多少変動します。

料金相場(1時間あたり)|バンド練習の場合

まずは、3名以上の場合に適用される料金を確認していきましょう。

1時間あたり2,000円前後が相場となります。
もし、4人で利用した場合、2000円÷4となりますから、一人当たりの負担額は500円程度です。

利用する人数が多ければ多いほど、一人あたりの負担額が安くなるので編成が多いバンドほどお得です。

ちなみに、音楽スタジオによっては学割やスリーピース割、深夜割、パック割といったサービスがあります。

そういった割引プランを活用すれば、よりお得に音楽スタジオを利用できます。
ぜひ活用してみてください。

平日

・OPENから17時まで:1,200円〜2,000円
・17時から翌朝(またはCLOSEまで):2,000円〜3,000円

土日祝

・終日:2,000円〜3,000円

バンド練習は広い部屋がオススメですが、3〜4人で利用する場合は8帖程度の広さがあれば十分でしょう。

料金相場(1時間あたり)|個人練習の場合

2人までの利用であれば、ほとんどの場合、個人練習という枠の扱いとなります。
ユニットの場合、音楽スタジオの練習は費用の負担が大きいのでは?と不安を感じていた方も安心です。

1人の場合

・終日:600円〜900円

2人の場合

・終日:1,000円〜1,700円

楽器をレンタルする場合はプラス料金が発生

ドラムやピアノ以外の楽器(ギター、ベース、キーボードなど)をレンタルする場合は、追加料金(1時間100円〜200円)がプラスされます。

また、音楽スタジオによっては、レアなアンプなどの有料レンタルをしているところもあります。
楽器などの持ち運びが面倒だという方は、レンタルサービスを利用するといいでしょう。

音楽スタジオの利用方法|予約から受付まで

音楽スタジオの利用方法について確認していきましょう。
予約するにはどのようにすればいいのか、予約から受付まではどうすればいいのかなど、おおまかな流れを紹介します。

予約(電話またはweb)

多くの音楽スタジオは電話で予約をとる必要があります。
中にはWEB予約ができるところもありますので、利用したい音楽スタジオのホームページをチェックしてみることをオススメします。

予約ですが、バンド練習の場合は、数ヶ月前から予約してスタジオを確保して奥ことが可能です。
しかし、個人練習の場合は"前日からのみ"予約可能というスタジオがほとんどです。あらかじめ注意しましょう。

飛び込みでスタジオに入るのもOK

当日予約もできます。
スタジオに飛び込みで行き、空いていればそのまま入ることもできます。
個人練習の場合も同様ですが、確実に入りたいという方は予約しておくのがいいでしょう。

予約時に確認されること

  • 何日の何時に利用したいのか、そして何時間の練習を希望しているのか
  • 利用する人数(個人練習の場合は2人まで)
  • 楽器レンタルの有無
  • 名前と電話番号

音楽スタジオによって聞かれる項目は若干異なりますが、基本的には上記のことを確認されます。
また、マイクは何本利用したいか(マイクレンタルは基本的に無料)なども確認されます。

受付

当日は、5〜10分前にはスタジオに到着しておきましょう。
ギリギリに到着してしまうと、受付にかかる時間分、練習時間が短くなってしまいます。

早く着いた場合は、音楽スタジオの入り口付近にある待合室で待っているといいでしょう。自動販売機などが置いてあるのでゆっくり待つことができます。

まずスタジオに着いたら、受付で「◯時に予約しました△△です。」と伝えて下さい
早く着いてしまった場合は、予約した時間の2〜3分前くらいに受付の方に声をかけましょう。

支払いは音楽スタジオによって前払い・後払いかが異なる

利用料金は受付時に支払うところもあれば、利用後に支払うところもあります。
前払いの場合は、受付時に「〇〇円です」と声をかけてくれますので、その際に支払えばOKです。

初めての利用の場合は会員登録を

会員登録をしなくても利用できるスタジオはありますが、登録しておくと利用金額に応じてポイントが貯まる料金がお得になるといった特典が受けられます。

ちなみに、会員登録をする場合は、基本的に身分証が必要です。
初めて音楽スタジオを利用する際は、学生証や保険証、免許証などの身分証を必ず持参しましょう。

会員登録料は無料のスタジオが多いですが、300円ほどかかるスタジオもあります。予約時に、利用する音楽スタジオに問い合わせておくのがベターです。

音楽スタジオの利用方法|利用から終わりまで

受付を済ませたら、音楽スタジオの部屋に案内されます。
受付の方に言われた番号のスタジオルームまで向かいましょう。

マイクは、受付時に渡される、部屋に設置されている、受付の方に声をかけて受け取る場合があります。
多くの場合は、受付時にマイクとマイクケーブルを渡されるor部屋に設置されているかのどちらかです。

もし、スタジオルームにマイクがなかった場合は、受付に声をかけて借りましょう。楽器をレンタルする場合も同様です。

マイクのセッティング

マイクセッティングは難しいと思われがちですが、音楽スタジオにはセッティングの流れが記載されていることもあります。

わからない場合は、音楽スタジオのスタッフの方に聞くと教えてくれますので、気兼ねなく質問してみてください。

1.マイクとミキサーをシールド(マイクケーブル)でつなぐ

まずは、マイクとミキサーをシールド(マイクケーブル)でつなぎましょう。

ミキサーの電源が入っていない場合は、シールドでつないでからONにして下さい。
電源は、ミキサーの後ろにあります。このとき、アンプの電源をつけることも忘れないようにしましょう。

2.ミキサーのボリューム等を調整する

  1. シールドをつなく
  2. シールドをつないだ列の下にあるグレーのボタンを押す
  3. 赤いつまみを白い線のところくらいまで上げる
  4. シールドをつないだ列の下にある白いボタンを白い線のところくらいまで上げる
  5. GAINという白くて丸いつまみを10時から12時くらいのところまで動かす

楽器・iPodやiPhoneなどの音楽プレイヤーのセッティング

音楽スタジオには基本的にひとつの部屋に、ミキサー、ギターアンプ、ベースアンプ、ドラムセットがあります。

楽器を使う場合はギターはギターアンプにシールドをつなぎ、ベースはベースアンプにつなぎ各々使用して下さい。
「ピー!」と大きな音が鳴る、ハウリングにならないように注意しましょう。

iPodやiPhoneで音楽を流しながら練習したい方は、マイクと同様に専用のシールドをミキサーにつないで音を出します。
iPhone用のシールドはスタジオルーム内に設置されています。

練習終了後

基本的に、スタジオ利用終了時間の10分前くらいには片付けを始めて、5分前には部屋を退出するのがマナーです。

次の利用者が待っていることもあります。
マイクを片付け、ミキサーのボリューム等も落としてから電源を切り、入室時と同じような状態に戻しておきます。

入室時、ミキサーの電源が入っていた場合は、電源は切らなくてもOKです。

使った譜面台やマイクスタンドも元にあった位置に戻します。
そして最後に忘れ物がないかを一度チェックして退室しましょう。
特にiPodなどの忘れ物は非常に多いので気をつけて下さい。

最後に受付にマイクなどを返却し、後払いの場合は支払い等を済ませてから、音楽スタジオを後にしましょう。

個人練習におすすめ|スタジオが比較的空いている時間

  • 平日のOPENから14時くらいまで
  • 平日、日曜日の21時以降からCLOSEまで
  • 土日の早朝

音楽スタジオが混むのは、ほとんどの場合、金曜の夜もしくは土日祝の終日です。

居酒屋が混む時間帯はスタジオも混んでいると考えるとわかりやすいでしょう。

しかし、混んでいる曜日でも、21時以降なら空いていることも少なくありません。
土日しか練習の時間がとれない方は、早朝や深夜の時間帯を狙ってみてください。

まとめ

一人で音楽スタジオを利用するのは気が引けるという方も、利用してみると緊張していた気持ちは何だったんだろう…と思えるくらいあっさり簡単に利用できます。

恥ずかしい、緊張する、という理由で音楽スタジオを利用しないのはとても勿体ないことです。
空いている時間などを狙って、音楽スタジオを利用してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • この記事を書いた人

kasumi

歌の先生ともの書きで生きる人。バンドSee Emily Playのvo&ba。さまざまな方のレッスンをしてきた経験から人の声の特徴が目に見えるのが特技。 あなたらしい歌い方を大切にして欲しい。そんな思いでサイト運営しています。ぜひTwitterフォロー、Facebookのいいねをお願いします!

-音楽活動の知識とコツ

Copyright© EnnuiRockMusic , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

地域を選択

都道府県を選択

戻る