歌唱テクニック

原曲キーで歌うが必ずしも正解ではない?キー下げがおすすめな理由

更新日:

カラオケ好きのみなさん。歌いたい曲のキーが高いと感じる場合、そのまま頑張って歌いますか?  それとも無理せず、自分に合ったキーに変えて歌っていますか

 

これは好みや価値観の問題もありますが、筆者は必ずしも原曲で歌うことが正しいとは限らないと思っています。なぜなら、キーを下げてみることで思わぬメリットが得られる可能性があるためです。

 

カラオケの音程キーを下げると得られるメリットとは具体的にどんなことでしょうか。※逆に原曲キーが低いと感じている人は、キー上げした方がいい理由としてご覧ください。

無理せずラクに歌える

カラオケの音程キーを原曲よりも低くすることで、高音が無理せずラクに歌えるようになります。(原曲キーが低いと感じている方は、キーを上げることでラクに歌えます。)

喉や周りの筋肉に負担がかかりにくくなる

無理せずラクに歌えるということは、喉を締めたり体に無理な力を入れていない状態だと言えます。そのため、体に無理な負担がかかっていない=喉を痛めるなどのリスクが少ないのです。

歌にオリジナリティが出る

原曲キーよりも低いキーで歌うと、まるで違う曲のように聞こえます。そのため、元のアーティストのような歌い方をしてもオリジナリティが出るのです。

 

別にオリジナリティなんて求めていないから!

 

という人には、あまりメリットにならないかもしれません。しかし、自由に自分らしく歌えるようになりたいと思っている人にとっては魅力的に感じられるでしょう。

自分に合った歌い方、売りが見つかる可能性がある

音楽活動をしている人や歌に個性をつけたい人こそ、キー調整は積極的に行うべきでしょう。

キー下げで気づきを得たケースも

実際、ボーカルトレーニングに通う生徒さんで、「キーが高い歌が合う」と思われていた方がいましたが、原曲キーよりも♭1で歌ってみたら「こちらの方が歌いやすいし感情が入る」という気づきを得たケースがあります。

作曲者的には「原曲キー」で歌って欲しい…

原曲で歌うメリット。それは、作曲者、つまり作り手の意図を汲み取りつつ歌えることでしょう。もちろん、原曲で歌った方がカラオケで盛り上がる、達成感があるといったメリットもあります。

キー変更を嫌がられるケースも…

ボイス・ボーカルトレーニング教室は作曲家の方が行っているところもありますが、キー変更の希望を申し出ると嫌がられてしまうことがあるそうです。

原曲キーが高いと思ったら、キーを下げてみよう

歌いたい曲の原曲キーが高いと思ったら……無理せずキーを下げてみることをおすすめします。中には、原曲で歌えないと意味がないと思う人もいるかもしれません。

 

しかし、思わぬ発見が合ったり、しっくりきたりするなどのメリットが得られる可能性がありますから、ぜひ一度チャレンジしてみてください。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • この記事を書いた人

kasumi

歌の先生ともの書きで生きる人。バンドSee Emily Playのvo&ba。さまざまな方のレッスンをしてきた経験から人の声の特徴が目に見えるのが特技。 あなたらしい歌い方を大切にして欲しい。そんな思いでサイト運営しています。ぜひTwitterフォロー、Facebookのいいねをお願いします!

-歌唱テクニック

Copyright© EnnuiRockMusic , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

地域を選択

都道府県を選択

戻る