発声練習

腹式呼吸の具体的なやり方!2つのコツで誰でも簡単にできる

更新日:

腹式呼吸(ふくしきこきゅう)とは、息を吸うとき肺が下に向かって膨らむように吸い、胸郭(胸を覆うの骨格)を使わずに行う呼吸のことです。

腹式呼吸をするとき、お腹が膨らむためお腹で息を吸っていると誤解される方もいるかもしれません。

実は、お腹が膨らむのは、肺が下に向かって膨らんでいくことで横隔膜が動き、腹腔が変形するからです。決してお腹に息が入っているからではありません。

腹式呼吸を習得することで、歌うときに息をたっぷり使えるようになるため、バラードなども余裕を持って歌えます。
歌が上手くなりたい方にとっては、ボイトレの基本項目といっても良いでしょう。

腹式呼吸を覚えるのは難しいことなのでしょうか…答えは「NO」です。腹式呼吸のやり方は決して難しくありません。ちょっとしたポイントを押さえて練習すれば、誰でも簡単にできるようになるのです。

腹式呼吸が難しいと感じてしまう理由…

なぜ、腹式呼吸が難しいと感じでしまうのでしょうか。その理由は、腹式呼吸の教え方が抽象的だからです。例えば、「腹式呼吸は寝ている時の呼吸だよ」「お腹に息を入れるんだよ」といった伝え方が挙げられます。

もちろん、この伝え方で腹式呼吸のやり方を理解する人もいるかもしれません。しかし、多くの人は具体的にどうすれば良いのか分からず戸惑ってしまうでしょう…。

具体的なやり方さえ覚えればできる

腹式呼吸ができるようなりたいけれど、どうすればいいの?答えは簡単、腹式呼吸の“具体的なやり方”を覚えれば良いのです。また、「腹式呼吸ができない理由」についても合わせて覚えてください。

息を「吸う」のではなく「吐く」ことから始める

腹式呼吸のやり方。まず始めに息を「吸う」のではなく、肺の中に入っている息を全て「吐く」ことから始めます。肺の中を空っぽにして、息をたくさん吸えるように体を整えるのです。

ポイント:息を吐くときはシャボン玉を飛ばすイメージで

息を上手に吐くときのコツは、シャボン玉を飛ばすイメージを持つことです。「フゥー」と優しく息を吐き出してみましょう。すると、お腹が少しずつ凹んでいくのが実感できます。

息を吐き続け、「これ以上吐き出せない」という状態までお腹が凹んだらOKです。

息を鼻からゆっくり吸う

肺の中に入っていた息を吐き出したら、次は息を吸いましょう。鼻からゆっくりと息を吸います。このとき、“自分の鼻の近くにある息”を吸うイメージを持つと腹式呼吸になりやすいのです。

イメージがわかない人は

ピンと来ない人は、両手を自分の鼻の前に持ってきて手の上にある息を優しく吸ってみると良いかもしれません。

息を吸ったら、もう一度シャボン玉を飛ばすイメージで「フゥー」と息を吐きだす……。繰り返していくうちに自然に腹式呼吸ができるようになります。

ポイント:息は目一杯吸わない!腹八分目を心がける

息を吸うときのポイントは、息を目一杯吸わないことです。中には、息を限界まで吸おうとしてしまい、胸式呼吸になってしまう人も……。

せっかく途中まで綺麗に腹式呼吸ができていたのに、もったいないことです。息を吸うときは、まだ少し余裕があるかなと感じられる“腹八分目”までに留めてください。

腹式呼吸ができている実感は徐々についてくる

腹式呼吸ができているのか分からないと思う人がいるかもしれません。しかし、繰り返し練習すれば、徐々に腹式呼吸ができているかの実感が湧いてくるでしょう。このとき、前述に記載した以下のポイントを押さえて練習することが大切です。

  • 息を吐くときは、シャボン玉を飛ばすイメージ
  • 息を吸うときは鼻からゆっくりと吸い、腹八分目を心がける

 腹式呼吸は誰でもできる!ポイントを押さえてやってみよう

腹式呼吸は、自分自身が気持ちよく歌うために必要な技法です。あなた自身の声をより魅力的なものにするためにも、マスターすることをおすすめします。焦らず、楽しむ気持ちを持って腹式呼吸の練習をしてみてくださいね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • この記事を書いた人

kasumi

歌の先生ともの書きで生きる人。バンドSee Emily Playのvo&ba。さまざまな方のレッスンをしてきた経験から人の声の特徴が目に見えるのが特技。 あなたらしい歌い方を大切にして欲しい。そんな思いでサイト運営しています。ぜひTwitterフォロー、Facebookのいいねをお願いします!

-発声練習

Copyright© EnnuiRockMusic , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

地域を選択

都道府県を選択

戻る