歌唱テクニック

歌で息継ぎ(ブレス)が続かない・下手という悩みを解決する方法

更新日:

カラオケやライブなどで歌うときに息が続かない・下手という悩みはどのように解決すれば良いのでしょうか。

 

例えば、

  • ロングブレスをする
  • 息継ぎ(ブレス)でたくさんの息を吸う

などと考える方がいるかもしれません。上記は、息継ぎ(ブレス)が続かないという悩みを無くしていくために役立つ練習方法のひとつだと言えます。

 

しかし、もっとシンプルに解決できる方法があります。その方法とは一体何でしょうか。

息継ぎ(ブレス)が続かない時は「息を一瞬止める」で解決

息継ぎ(ブレス)が続かない時の解決方法。それは、息継ぎ(ブレス)をした後に息を一瞬止めることです。そうすることで、いつもよりも息継ぎ(ブレス)が続くようになり、バラードなどが気持ちよく歌えるようになります。

息を止めたら歌い出しが遅れてしまうのでは…?

中には、息を一瞬止めてから歌ったら「歌い出し」が遅れてしまうのでは?と懸念する方がいるかもしれません。正しい息継ぎの仕方をしていれば、歌い出しが遅れてしまうことはないでしょう。

 

万が一、正しい息継ぎをしているにもかかわらず歌い出しが遅れてしまう場合は、歌のリズムにのれていない可能性があります。

 

息を止めることによって歌い出しが遅れてしまうことがあれば、息継ぎ(ブレス)をするタイミングが遅いためだと考えるべきです。

息継ぎの仕方を変えるだけで歌い出しが遅れる問題は解決できる

歌い出しが遅れてしまう問題は、息継ぎの仕方を変えるだけで解決できます。具体的には、息継ぎの場所がきたら息を吸うのではなく、前の歌詞の語尾で息を吐き切るように意識を変えていくことです。

 

息を吐ききってしまうと、人は息を吸おうとしなくても勝手に息が肺の中に入るようになっています。意識して息を吸うとタイミングがずれてしまう可能性がありますが、吐き切りを意識することで息を吸った後に「息を止める」余裕が生まれます。

息を止めるとなぜ息継ぎ(ブレス)が続くようになるの?

息を止めることで、息継ぎ(ブレス)が続かない問題を解決できるとご説明しました。しかしなぜ、息を止めると息継ぎ(ブレス)が続くようになるのでしょうか。

 

その理由は、

息継ぎ(ブレス)をしてからすぐに歌い出すと、歌い始めでたくさんの息が口から漏れてしまうため

です。

 

しかし、息継ぎ(ブレス)をしてから一瞬息を止めることにより、歌い始めに吸った息がたくさん漏れてしまうことを防げます。そして、常に一定の量で息を吐きながら歌うことができるため、とても綺麗な歌声になります。

息継ぎ(ブレス)が続かない……歌い出しの前に息を一瞬止めてみよう

息継ぎ(ブレス)が続かない……。そんな時は、息継ぎ(ブレス)をした直後に息を止めてみることで解決できます。正しい息継ぎの仕方も含めて、息を一瞬止める練習をしてみてください。

一息で歌えるメロディの長さが変わっていくことでしょう。息継ぎの仕方が知りたいという方は、「息継ぎって難しい……ブレスを入れるベストタイミングとは」の記事をご覧ください。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • この記事を書いた人

kasumi

歌の先生ともの書きで生きる人。バンドSee Emily Playのvo&ba。さまざまな方のレッスンをしてきた経験から人の声の特徴が目に見えるのが特技。 あなたらしい歌い方を大切にして欲しい。そんな思いでサイト運営しています。ぜひTwitterフォロー、Facebookのいいねをお願いします!

-歌唱テクニック

Copyright© EnnuiRockMusic , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

地域を選択

都道府県を選択

戻る