体の使い方トレーニング

頭声・ヘッドボイスとは|発声の仕組みや練習方法などの知識

更新日:

頭声(とうせい)とは、後頭部(つむじ付近)に共鳴させた声のことで、ヘッドボイスとも呼ばれています。語源は、イタリア語で頭の声という意味があるvoce di testa(ヴォーチェ・ディ・テスタ)からきていると言われています。

頭声・ヘッドボイスは、声種(ソプラノ、テノールなど)の高音域を表す意味もありますが、換声点(かんせいてん)よりも上の声、胸声(きょうせい)や地声などの発声方法を表す意味もあります。

 

そのため、頭声・ヘッドボイスと言っても使い方によっては意味が異なるのです。頭声・ヘッドボイスについてさらに詳しく確認していきましょう。

 

関連記事:高音も含め声がかすれる…原因は声帯?!綺麗な声を出すための改善方法

声種(せいしゅ)という意味での頭声・ヘッドボイスとは

後頭部に声が響いているように感じられる声種のため、ファルセットと混同する人もいます。しかし、頭声・ヘッドボイスはファルセットよりも声の中に含まれる息が少ないため声に芯がある発音が明確に聞き取れる声量が出るといった特長があります。

下記の動画にあるSalyuというアーティストの歌声をお聞きください。頭声・ヘッドボイスが具体的にどんな声かが分かります。

 

 

頭声・ヘッドボイスで発声する際は、声帯の近くにある輪状甲状筋や喉頭懸垂系の働きにより声帯は伸びて薄くなります。下図の発声時の声帯が縦に伸びるようなイメージです。

seitai

さらに声帯の後ろにある筋肉や軟骨の働きにより、声門(声帯)がしっかりと閉じた状態、声門閉鎖が起こります。

seimon

頭声・ヘッドボイスは、胸声とは異なり声帯が閉じた状態で縦に引っ張られたように伸びます。

物理学で弦は緩んだ状態よりも引っ張られた状態の方が振動数は多くなること、振動数が多いと高い音になるという話を聞いたことはありませんか? 頭声・ヘッドボイスで発声すると音の振動数が胸声の発声よりも多くなるため、結果的に高い声が綺麗に出るようになります。

 

声区(せいく)という意味での頭声・ヘッドボイスとは

換声点(地声と裏声が切り替わるところ)で上の声区のことを表す言葉としても使われているのが、頭声・ヘッドボイスです。

頭声・ヘッドボイスは高音の発声を綺麗に出すために使われる声区で、正しい発声法を用いて発声すると後頭部に声が共鳴しているように聞こえます。

 

ちなみに普段の話し声は地声・喉声と呼ばれ、首の周りに手をあててみると喉周りに声が響いているような感じが分かるでしょう。胸声・チェストボイスは胸のあたりが共鳴しているように聞こえる発声法のことで、低音を綺麗に出すのに向いています。

 

実は小学生や女性は頭声・ヘッドボイスで発声している?!

実は、小学生や女性は頭声・ヘッドボイスで発声していると言われています。実際、ドイツにあるライプツィヒ大学病院で日本人女性は世界の女性の中でも声が高いという研究結果が発表されました。

 

男性の場合、12〜13歳頃から変声期が始まります。変声期を経て1オクターブ下がることにより頭声から胸声になるのです。そのため、多くの男性は変声期を機に胸声に変わってしまいます。

ちなみに近年では小学生や女性でも胸声で発声している人が増えていると言われており、日本人女性の声の低音化が進んでいるようです。

 

頭声・ヘッドボイス発声|声の出し方、練習方法

それではここで、頭声・ヘッドボイスの出し方、練習方法についてご紹介します。ポイントは、体の支えを足ではなくおへその2〜3つほど下にある丹田という場所にして姿勢を整えることです。

 

肩幅と同じくらいに足を開く

まずは、肩幅と同じくらいに足を開きましょう。つま先が軽く外側を向くように立つとベストです。

 

「はっ」とため息をついて肩の脱力をする

頭声・ヘッドボイスだけではありませんが、体に力が入ってしまうと声が共鳴しなくなります。声が体に共鳴しなければ倍音は生まれないため、響きのある声になりません。

ため息をつく、上半身を軽く揺らすなどをして肩の脱力をしましょう。

 

膝を軽く落として内側に向ける

膝を軽く下に落としてから、内股にするようなイメージで少しだけ内側に向けましょう。このとき、軽く内ももが張るような感覚があるかどうかで、正しい姿勢ができているかの判断をしてみてください。

 

2m先にある物に声を届けるようなイメージで発声する

丹田を支えにした姿勢ができたら2m先にある物に声を届けるようなイメージで発声してみてください。喉声よりも声量や響きのある頭声・ヘッドボイスで発声できるようになります。ミ・ファなどの音を発声すると喉声との違いが分かりやすいかもしれません。

 

声の変化が分からないときは

頭声の変化が分からないときは、「あー」っとロングトーンで声を出しながらご紹介した姿勢を作ったり元に戻したりしてみてください。姿勢をしっかり作ったときの方が、声量や響きがある声になっていることがお分かりいただけるでしょう。

 

頭声の練習について

頭声の練習をする際は、まず正しい姿勢を作ってからロングトーンで音階練習をすると良いでしょう。慣れてきたら、歌いたい曲でも正しい姿勢をキープして頭声で歌えるように練習を繰り返してみてください。

上手くいかないと思った場合は、姿勢が崩れていたり体に力が入っていることが原因として考えられます。姿勢を見直してみることをおすすめします。

関連記事:歌の発声は丹田を意識することが大切!簡単に実践できる方法をご紹介

 

まとめ

頭声は、高音が気持ちよく歌りたい方に覚えて欲しい発声です。ご紹介したやり方を参考にチャレンジしてみてくださいね。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • この記事を書いた人

kasumi

歌の先生ともの書きで生きる人。バンドSee Emily Playのvo&ba。さまざまな方のレッスンをしてきた経験から人の声の特徴が目に見えるのが特技。 あなたらしい歌い方を大切にして欲しい。そんな思いでサイト運営しています。ぜひTwitterフォロー、Facebookのいいねをお願いします!

-体の使い方トレーニング

Copyright© EnnuiRockMusic , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

地域を選択

都道府県を選択

戻る